清親 浮世絵類考之内 建武延元ノ頃
5ead19dbcee9ea5d7f111952

清親 浮世絵類考之内 建武延元ノ頃

残り1点

¥45,000 税込

送料についてはこちら

商品番号 SM-00028 作家名  清親 作品名  浮世絵類考之内 建武延元ノ頃 技法   木版画 状態   良好 小虫穴 使用   和紙 サイズ  大判2枚続 点数   1 制作年  明治17年 作品情報  <作品について> 地獄大夫は室町時代の伝説的遊女で現世の不幸は前世の戒行のつたなさゆえとして、来世での往生のために,自らを地獄と呼び,地獄変相図を描いた衣をまとい、自らに施すところなく、悟りの境地で仕事に励んだという。堺に赴いた一休宗純に会ったとき,「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」との歌を贈り、一休を感動させたという